腰痛とは、腰に痛みを感じる状態を指し、その原因は多種多様である。ほとんどの腰痛は急性腰痛症にまとめられる疾患であり、現在のところ対症療法以外の治療法が無い厄介な症状です。

ぎっくり腰のような急に激しい痛みがきたときの対処法として、最初に患部を冷やすことが肝心とされています。また、下肢の痺れ・感覚鈍磨・歩行困難等が顕れるような場合は、椎間板ヘルニア等の恐れもある為に病院の診察が必要である。

腹圧を上げる為のコルセット着用も効果的である。これは他の急性筋肉疾患でも同様だが、冷やすことで炎症の亢進を抑えて疾患の拡大(腫れ・疼痛)を出来るだけ小さくするための処置であるので、可能な限り早く冷やした方が治療効果も高く痛みも少ないようです。

急性期を過ぎた後は、今度は出来るだけゆっくりと温めて血流を良くすると筋の復帰も早い。
腰痛には筋肉由来の緊張性腰痛と、鈍い痛みを伴う慢性の腰痛がある。尿路結石による痛みを腰痛と勘違いすることがある。 慢性型腰痛は、腰に日常的に継続した鈍い痛みのあるものである。すると崩れたバランスを調節しようと腰の筋肉に負担が大きくなり、腰痛が発生する。 筋肉などにストレスが掛けられることで、常に交感神経が優勢になり活発化し緊張を強いられた結果、余計な他の筋肉などに力が入る。 筋肉を原因とした緊張性腰痛は長時間同じ姿勢を続けるなど、過度なストレスを強いられ筋肉が緊張することで引き起こされる腰痛である。


マンガビジネス金融美容
= 関連情報 =
坐骨神経痛